アマゾる24時間

amazonのオススメを24時間たれ流します

循環器急性期診療

Posted on | 7月 7, 2015 | No Comments

循環器急性期診療

循環器急性期診療


参考価格:¥ 9,936
香坂俊

[発売日]
2015-06-25

[販売]
メディカルサイエンスインターナショナル

   自分が必要だと思う本になるよう編集させていただいた。 思うに,従来からの循環器のテキストは細かい点(details)に踏み込み過ぎてはいなかっただ ろうか?確かに医学の各領域の理解はここ数十年で飛躍的に進み,例えば,心停止のガイドライ ンなど,当初は「たった」16 ページだったものが 1),現在は 17 章で 308 ページを数えるに至っ ている2)。 しかし現場で必要となる知識というのは,そのような網羅的な解説ではなく,病態の把握や治療 方針の決定にそのまま役立つ内容ではないだろうか?循環器急性期の性格を考えるとそうせざる を得ないというところもある。そこで,本書では,疾患や使用薬物の分子的な機序よりも,各診 療ガイドラインの提言を支えるエビデンスの歴史的変遷と疾患全体のとらえ方(コンセプト)の ほうを優先されるべきものと考えている。往々にして「ノイズ」が多すぎると「シグナル」を見 落とすことになる。 さらに執筆をお願いするにあたっては,執筆者の先生方に対してコアコンセプトとして下記の 3 点を挙げさせていだいている。 ●現場で必要なエビデンス(根拠)とコンセプトを ●きちんとした線引きとともに ●最も実用的な形で読者に提示する 大枠としては,循環器急性期のコンサルテーション内容を①心不全,②虚血,③不整脈,④周術 期管理の 4 つのセクションに集約し,そこから順次紐解く形式とした。各セクションのなかでは, まず遭遇する機会が多く基本と考えられる内容が前半に,そして,遭遇する機会は少ないものの 熟慮を要する複合的な状況が後半に配置されている。これは,基本事項の確認を重視される方は 前半から読み進めていただき,ベッドサイドで今まさに困難に直面されている方は後半の必要な 箇所を選んで読んでいただくことを意図している。 また,この本の 8 割程度は季刊誌 Intensivist の循環器関連の特集号〔不整脈(2009 年),急性心 不全(2010 年),モニター(2011 年),術後管理(2012 年),急性冠症候群,ECMO(2013 年)〕 に掲載された章が基礎となっている。今回のアップデートにあたっては,断腸の思いで半分以上 の内容を削っていただいた章もあり,また,複数の章を 1 つにまとめさせていただいた章もあっ た。それぞれの章を担当された諸先生方には,こうした厳しい要望を快く引き受けていただき, また,進捗著しい分野については熱意をもって加筆いただき,感謝に堪えない。 (「まえがき」より抜粋)

[関連商品] この商品を買った人はこんな商品も買っています

極論で語る腎臓内科 (極論で語る・シリーズ)

極論で語る腎臓内科 (極論で語る・シリーズ)

参考価格:¥ 3,672


総合内科999の謎

総合内科999の謎

参考価格:¥ 5,940


救急・ICUの体液管理に強くなる〜病態生理から理解する輸液、利尿薬、循環作動薬の考え方、使い方

救急・ICUの体液管理に強くなる〜病態生理から理解する輸液、利尿薬、循環作動薬の考え方、使い方

参考価格:¥ 4,968


エキスパートが本音で明かす 不整脈診療の極意

エキスパートが本音で明かす 不整脈診療の極意

参考価格:¥ 3,888


症例でつかむ心不全

症例でつかむ心不全

参考価格:¥ 7,344


こちらもおすすめ

Comments

Leave a Reply